かぐや様は告らせたい マンガ感想

かぐや様は告らせたい第二十一話「かぐや様は差されたい」感想 〜続・かぐやはよくないことを閃いた〜

kaguya_21ー4 かぐや様は告らせたい マンガ感想
スポンサーリンク

こんにちは、みなとがわです。
ついに3巻分に突入できました。
今でもこんな駄文でいいのかドキドキしながら試行錯誤中です。
いや、コレ書いてる時そもそもまだブログ解説できてないんですけどね。

それでも僕の華々しいブロブデビューを夢見て今日も今日とて
今回の話です。

今回の登場人物

会長
今回は詰めが甘かった

かぐや様
藤原書紀の戦車級が憎い

藤原書紀
雨の日は攫われやすい

今回のバトル

のっけから夏服で藤原書紀の戦車級にかぐや様が憎悪したり
雨の日は危ないと怖い発言があったり
存在感ガン積みの藤原書紀を尻目に今回は頭脳戦がスタート
なんと、相合い傘作戦‼
これはどっちかの傘に入るだけだし緊急措置と言い訳のきくお互いに損のない争い…
お互いに傘を持っていない宣言
…えっと、
はい、今回の話終わりっ‼

 

会長の不手際とかぐや様の手腕

…というわけにもいかず物語は続きます。
傘を忘れた二人から相合い傘にジョブチェンジするため今回の争いは
相手が傘を持っていることを暴く
という割と頭脳戦っぽい展開に、嘘を暴くってなんかかっこいいですよね?ね?

ここで以前からもそうでしたがついに作中で指摘されるほどの準備不足の差が露見。
会長は雨とかぐや様のスケジュールを確認してからのスタートに対し
かぐや様は事前に天気のチェック、会長の状態確認までして準備万端。

すまない、ここでまずツッコませてくれ。

かぐやはよくないことを閃いた

タイヤパンクは危ないですよ?
パンクって場合によってはすごい大きな音が出るリスクはもちろん
その時の衝撃で怪我することもありますからね?

まあ、そこは対策しているとと考えるとして
かぐや様、あなたコレ1巻のよからぬ閃きの発展系ですよね?

アレ以来何もなかったからただのネタだと思って危うく流してしまうところでしたよ。
これ味を占められたら運転手さんがいい迷惑ですよ。
タイヤ交換面倒くさいんだからなっ?
これ以上かぐや様が閃かないことを祈りつつ名も無き運転手さんに合唱。

顔芸会ですね

そんな感じでなんやかんやでお互いに探り合い
性格には攻めあぐねた会長を詰めるかぐや様の図ですが
今回は何故かサスペンスを通り越してホラーな顔をするカップルがここに
かぐや様の顔が一番怖いですが、オチ担当の藤原書紀の顔もえも言われぬ不気味さです。

でもその後のデフォルメ顔にも注目したい僕です。
デフォルメの汎用性は藤原書紀が一番だと思いますが
傘を渡された直後の落胆するかぐや様の顔が可愛いと思います。
きっと僕、ああいう輪郭が太くて丸い目が好きなですね。

てな感じで再び僕の好みを発見して今回は終了

そして2話連続で申し訳ないんですが
今回も気になった言葉はなしです。
本当は天気図を調べようと思ったんですけど、
単語だけだったら誰でも知ってるけど
深堀しようとしたらめちゃくちゃ長くて本編化しそうだったんですよね。
なので申し訳ないのですが、今回はここまでで。

※画像はヤングジャンプコミックス
赤坂アカ著:かぐや様は告らせたい第3巻
7ページ4コマ目
11ページ5コマ目
18ページ1コマ目
21ページ2コマ目
第1巻189ページより引用しています

弊ブログの3巻の感想まとめページはこちら

3巻を購したい人はココ
全巻をまとめて購入したい人はこっち

コメント

タイトルとURLをコピーしました