かぐや様は告らせたい マンガ感想

かぐや様は告らせたい第六話「白銀御行は隠したい」〜壁ダァンの誕生〜感想

kaguya_6ー3 かぐや様は告らせたい マンガ感想
スポンサーリンク

前回は弁当が美味しそうで女子陣が楽しそうなほのぼのとした回でした。
代償として会長が蔑まれたり暗殺者のような目で見られたり被害がありましたが
勘違いなのでセーフです。

そんな喜びと悲しみが混在した過去は忘れて本編です。

今回の登場人物

会長
恋愛において百戦錬磨、壁ダァンの創始者

かぐや様
可愛くて美人でおしとやかで気品があってその上賢いサイコーの女

相談してきた男子
柏木さんが好き、流されやすそう

柏木さん
弱点:壁ダァン

柏木さんの友人たち
どっ(きどき)

恋愛のことなら俺に任せろっ

生徒会長は生徒の相談も受け持つんですね。
まあ、実際問題この年頃の相談は友人に相談しますよね。
スクールカウンセラーには相談できないやつですよ。

そして会長はいつの間にか恋愛マスター的な噂らしいです。
まあ、実際会長カッコいいとは僕も思います。
意識しすぎてダメダメになるだけですし
本当に自然体で行けばいいだけだと思うんですけどねぇ…。

それで考えると今回ポンコツだったのも
きっと童貞バレしないように意識しすぎたのでしょう。
でも最初にしてきしてた「真逆のことをする生き物」
ってどこの女の子のことなんでしょうか具体例があるように思えて仕方がありません。
まあ、それを言うと同じ習性の男の子もいるようですが

そしてその後のかぐや様すら突っ込む熱い掌返し‼
まあ、性別じゃなくて人によるってことよね。

必殺技、誕生!

説明しよう!
壁ダァンとは女性を壁際に追い詰め壁をダァンとして愛をささやくことで
なんやかんや女の子のハートを射止める必殺技であるっ!

僕からの使用法の注意点としては
目の前で腕を振り回すだけでも暴行罪は成立するので真似しないでください。
実際問題壁ドンってどれくらいの人がやってて成功率はどんなもんなんでしょうね?

白銀御行は悩んでいるっ

どうやら傍から見るとかぐや様と会長はいい感じに見えるらしいですね。
これはアレですね本人たちだけ意識してワチャワチャしてるけど
傍から見ると「はよ付き合えや」的なやつですね。

しかし会長は実はかぐや様に嫌われていると疑っているようです。
理由は簡単
先週の続きですね。まさかの続編でした。
会長ご安心を、暗殺者の目は藤原書紀に向けられたものです。

そして最後に実感のこもったアドバイスをして男子生徒を送り出す会長
それがわかってるなら(以下略)

回り回ってかぐや様がご機嫌になりホッとする会長
情けは人のためにならず的な話に落ち着きました。
テキトウ言ってます、はいすいません。

あと、柏木さんへの告白時
後ろの三人のうち、真ん中の子がショックを受けてますが
右側の女子は明らかに真ん中の子の気持ちを知っている顔ですね。
すごく気まずい気持ちになりそうで同情します。

今回の気になった単語

壁ダァン
白銀会長が編み出した高等テクニック
今回はやっぱりこれですね。

前述の通り人を追い詰めたり腕を振り回すと
相手に恐怖心を与えたということで暴行罪に問われる恐れがあります。
気をつけましょう。実際にやったことある人がいたらぜひ結果を教えて下さい
あれやられたら絶対怖いと思うんですよね。

あと、あの男子はよくあんな人目につくところで告白したな。

※画像はヤングジャンプコミックス
赤坂アカ著:かぐや様は告らせたい第1巻
110ページ1コマ目
117ページ5コマ目
120ページ1コマ目より引用しています

弊ブログの1巻の感想まとめページはこちら

1巻を購入したい人はココ
全巻をまとめて購入したい人はこっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました