かぐや様は告らせたい マンガ感想

かぐや様は告らせたい 第三十二話「かぐや様は嫌われたい」感想〜打たれ弱いかぐや様〜

kaguya_32ー4 かぐや様は告らせたい マンガ感想
スポンサーリンク

こんにちは、みなとがわです。

前回はみんなの心情をあらわにする心理テスト回でした。
1人だけホラーしていたのは気のせいです。
藤原書紀の花に妄想を膨らませつつ今回の話です。

今回の登場人物

会長
人を嫌いきれない好青年

かぐや様
恋の教科書マスター
ただし、実践できるかどうかは考慮しないものとする。

石上会計
先輩の意を組む後輩の鑑
ただし、すぐ折れる

好青年、白銀御行と石上優の初挑戦

今回は珍しい会長の攻撃回ですが、まずおじさんから一言。
好きな人に冷たくするとかやめたほうがいいよ、マジで

えっとですね、返報性の法則という心理学上の概念がありまして。
雑に言うと好きな気持ちを行動に表したら好かれやすいということで、
人は提供された感情を返したくなるという性質があるんですね。
振られたと思ったら後々上手くいく事があるのはそういうことです。

しかしコレは逆も然りで
基本嫌われる態度をしたらそのまま嫌われます。その上で攻撃されます。
まあ恋愛上級者さんは上手く扱えるのかもしれないですけど、
空気の読めない僕や、半年間進展しない生徒会長に扱うには無謀なスキルです。

まあ、そもそも冷たくできない会長には関係ない話ですね。


できないことはすべきではないですしそんな彼が素敵だと思います。
そんな彼だからこそ後輩が着いてきてくれるのです。

そう、そんな会長を慕う石上会計がサポートをしてくれるのです。
あのホラーの女王四宮かぐやに対してです‼(石上会計基準)
そしてそんな彼の努力の結果が

「讎」

さらば、石上会計
フォーエバー石上会計っ

今日のかぐや様 強気時々、涙目

意図した方向ではないですが石上会計のフォローが上手くいき、
会長はかぐや様に「嫌い」発言をすることに成功‼

会長とかぐや様に大ダメージ‼
何がしたいの⁉

お互いに利害は一致しているのに大怪我をする誰も得しない状態が完成です。
普段ならこんな時にぶち込んでくれるのが藤原書紀ですが今回は不在です。
今回のお話が成立したのは彼女が不在であることも強く影響していると思います。
猫耳会とかもなんだかんだブレーキしてくれましたからね。

かぐや様は自分の性格のあれな部分は自覚していたんですね。
しかし、ていうか結構気にしていたっぽいですね。
そこらへんは藤原書紀は昔の性悪時代からのからの付き合いらしいですし、
会長も気にしてないみたいですし大丈夫そうですけどね。
石上会計?…まあ細かいことは気にせず置いておきましょう。

今回の結論としては慣れないことはすべきではないですね。
会長は誠実が一番、かぐや様は小悪魔スタイルが一番
藤原書紀は素直が一番、石上会計はかぐや様に虐げられるのが現状のベストバランスなのです。

今回は石上会計いじり好きですね、でも書きやすいです。ありがとう。

気になった言葉


もちろん常用外の漢字です。
オンとかシュウと読みます。
要するに讐の変形版です。
使いみちは知らないです。漢検1級の問題でしか観見たことないです。

迷走神経反射(ワゴトニー)

作中ではグロッキーで済みましたが本来は気絶までいくやつです。
かぐや様のような精神的ダメージが原因のこともありますが
他にも急に立ち上がるなど瞬間的に低血圧になることが原因です。

脳に血が回らなくなってしまう事が原因で発生します。
それによって神経が誤作動してしまって変なタイミングで反応してしまうことで起きてしまいます。
今回のかぐや様のように一時的なストレスならともかく
そうでない場合は他の病気も関連していることもあるので気をつけましょう。

余談ですが校長先生の朝礼長話で人が倒れるのもコレが原因説があります。

※画像はヤングジャンプコミックス
赤坂アカ著:かぐや様は告らせたい第4巻
27ページ6コマ目
32ページ6コマ目
35ページ1・2コマ目

40ページ4コマ目より引用しています

弊ブログの4巻の感想まとめページはこちら

4巻を購したい人はココ
全巻をまとめて購入したい人はこっち

コメント

タイトルとURLをコピーしました