かぐや様は告らせたい マンガ感想

かぐや様は告らせたいYJ第174話「早坂愛の友達④」 〜早坂愛と四宮かぐや〜

アイキャッチ かぐや様は告らせたい マンガ感想
スポンサーリンク

こんにちは、みなとがわです。

久々の本編にして初の最新話感想です。
50話の感想とかしてた時代錯誤のおじさんついていけるか不安ですが。
できる範囲で頑張ります。では本編です。

今回の登場人物

会長
久々の新免許登場、
(但しペーパー)

かぐや様
目下早坂さん捜索中
お、思い出が多くて探しきれないだけだから(本人はもうないと主張)

早坂さん
運転もできる、
助け合いの大事さを学び始めた。

早坂さん母
雇い主へのダメ出しに余念がない
結婚している以上恋愛面でも死角なし説

雲鷹お兄ちゃん
見れば見るほど生え際がヤバい
スーツもヤバい

ハゲ
また性格悪そうなのが出てきた
四宮家の男性、毛根虚弱説

四宮雲鷹<藤原千花説

今回、会長と早坂さん捕まってピンチ感なんですが
個人的に安心したことが有りまして、
失礼ですがお兄さん、だいぶアホっぽいですよね。

いや、前から具体的な指示ができないダメな上司臭あったり
マキちゃんの昔話で嫌な話してるけど
よく聞いたら欠片も反論になってないあたりで薄々思ってたんですが
今回で確信しました。理由は簡単です。

kaguya_174ー1
登場、しちゃった瞬間
(ヤングジャンプ2020年19号
73ページ1コマ目 赤坂アカ著
「かぐや様は告らせたいより」引用)

会長の前に姿晒す必要ないですよね?
白銀御幸は秀知院学院の生徒会長です。
様々な企業の親類が集う学園の有名人である以上そこに醜態見せるメリットがないんですよね。

そもそも、ライバルド直球の四条家令嬢眞妃ちゃんのマブダチですからね。
知ってるならド無能ですし、知らないならマークしているはずの早坂さん、かぐや様の交友関係の裏取りすらできていないですし。

いや、漫画の表現上の問題という擁護も考えたんですが
この作品はシリアスシーンだと前回でご存知の通りみんなの珍獣・藤原書紀すら有能化するので
おそらく、赤坂先生が有能と考えているキャラクターはそう見えるように意識していると推測されまして

現状、どう考えてもお兄さんの描写は賢そうににしてるだけの態度デカイ人で
必要ないリスクをとって出てくるあたり、示威目的の承認欲求の強い人なんですよね。
そういう人って傾向としてプライドだけ高いけど自分の能力を自覚していて引け目を感じてる人が多いですし。

後は、もう早坂さんから聞いているから隠す必要ない的な思考も考えたんですが
仮に誰かにチクる時に「かぐや派の人から聞いた敵対している相手の悪口」と
「ガチで誘拐しに来て会長本人も羽交い締めにされたガチ犯罪でお兄さん当人も顔出してきた話」
どっちがヤバくなるかわかるというとねぇ…。

以上の理由からお兄さんに関してはあまり心配してません。
それよりもお兄さんをあしらう過程で早坂さんが誰にどのように助けを求めるのかが大事だと思います。

四宮かぐやと早坂愛、その客観と主観

今回のメインテーマです。

現時点では早坂さんの言う思い出が何かは不明ですが
二人の意思の疎通が何故できていないかと考えるといくつか考えられることがあります。

まずは単純にかぐや様も言っているように早坂さんがかぐや様に自分の思考パターンを開示していなかったこと。
これは今までのツケですね。
この予兆に関しては元々会長の言うように助け合いの体制ができていなかったことが問題だったと思います。
物語当初から早坂さんは近侍として異常に妹のように可愛いかぐや様にギブしまくっています。
そしてかぐや様は以前から疑惑があった伏線を回収して妾の子であり一族での弱い立場も有り
少ない協力者の早坂さんにかなりの比重でテイクされています。

kaguya_174ー1
支える人と支えられる人
(ヤングジャンプ2020年19号
74ページ4アイキャッチコマ目 赤坂アカ著
「かぐや様は告らせたいより」引用)

そうなると二人の目線は完全に両極端になってしまったと思われます。
だからこそ初回ミス時に早坂ママにダメ出しされたように
かぐや様の思い出は早坂さんに支えられた思い出の印象が強くなってしまうのかと
それで言えば2回目の早坂さんの家で騒動はフェアな思い出なのでこれが違ったのは痛いですね。

更に穿って見ると、
それこそ学園祭のウルトラロマンティックから初心な早坂さんの表情まで登場して
更に二人の力関係がおかしくなってしまったのも二人の立場からの目線を狂わせているのかもしれません。流石に考え過ぎだとは思いますが。

今後の展開としてはまずは動く局面はかぐや様サイドかと思います。
まあ早坂さん達捕まったから…とか言ってしまえば元も子もないのですが、
現状早坂さんは裏切りの罪悪感でかぐや様にこれ以上歩み寄ることができません。
そう考えるとかぐや様はキスマウントもあり早坂さんの弱い部分も認識できているはずなので
彼女が近侍としての早坂さんでなく個人としての早坂さんに近づくことで解決に近寄れるのではないかと

かぐや様は家族すらわかりあえていないのにと嘆いていますが
そこは所詮家族とはいえ別個体ですから。
実際的に身体や人格は遺伝よりも生活環境に依るのでずっと一緒の早坂さんの方が近しいです。
次回あたりで早坂さんに追いついて
あんな生え際ヤバめの富士額兄貴さっさと片付けていただきたい。

しかしその後は早坂さんが最終的に誰かを頼ることが解決につながることが暗示されているので
王道としてかぐや様に友として歩み寄るのか、会長や友人達の活躍もあるのか?
個人的には浮いたコマになっている藤原書紀や海外逃亡の案から考えると
ついにサタンに破れた女こと眞妃ちゃんの活躍もあるのではないかと期待しています。

不安点としては今回のラスト引きの謎ハゲ坊主こと旦那様ですね。
そこは次回の冒頭に流石に説明があるかと思いますが、
その内容によっては早坂さんサイドで動きがあるのかもしれません。
その場合はろくでもない事になりそうなので
ちょっと説明入ってかぐや様サイドへ以降が平和かつスムーズだと思うんですが。

僕としてはみんなの活躍を見れるのは嬉しいけれども陰険な展開は苦手なので
理想はお兄さんにさっさと帰ってほしいんですけど
展開的にお兄さんかその部下さんがもう一騒ぎしそうですね。
本当に四宮家は正確悪いことやめてほしい。

そんなことを祈りながら待て次回です。

今回の気になった言葉


みにくいアヒルの子の伏線を見事に回収して僕をやるせない気持ちにした気持ちにしてくれましたが
俗に奥さんとは別の女性を経済的な援助をしながら男女関係に結んでいる際に使われる言葉です。
一昔前だと男の甲斐性とかいって容認傾向にあったようですが、
重婚罪は刑法違反です。かぐや様のように立場を弱く扱うことも既に違憲判決が出ています。

四宮さん宅はそろそろ日本国の法律とモラルを学んでほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました