かぐや様は告らせたい マンガ感想 未分類

かぐや様は告らせたい 第二話「ババ抜きをさせたい」感想〜かぐや様の罠〜 

kaguya_2ー2 かぐや様は告らせたい マンガ感想
スポンサーリンク

こんにちは、みなとがわです。
第一話感想を作ってしばらくしてから第二話感想作成中です。

今回の登場人物

会長
今回はいい感じにカウンターが決まりました。

かぐや様
誓ったことは守るらしいです。

今回は2人ですね。藤原書紀はお休みです。
書くことが少なくて僕は不安です。

ゲーム、スタート

開幕早々「暇だ…」とぼやく会長
有能すぎて仕事をすべて処理してしまったと退屈しています。羨ましい…。 
そんな暇を持て余した会長にかぐや様が勝負を仕掛けます。
今回仕掛ける勝負、それはババ抜きです。

なんと今回は勝者は好きな命令ができる特典付き
会長は即座にかぐや様に水着やらメイド服を着せる想像をしますが
それ、付き合う前に言ったら人間関係にヒビ入るやつですから
人によっては付きあった後でも危険性が残ります。
でも僕は会長のこういう俗っぽいところ大好きです。
あう〜とかいうかぐや様を見たことがあるのか

バトル、スタート

妄想は叶わないにしても、かぐや様に勝ちたい会長は全力です
会長曰く、これは運でなく話術で相手にババを引かせる勝負

しかしそれに対して余裕の笑顔のかぐや様。
彼女は何が目的なのか、これはなんの勝負なのか…

やってることは中学生でもやるやつなのに
知的っぽくゴリ押す辺りも学生感がありますね。
こういう飲みていると僕も久々にトランプやってみたいとか思ってしますね。
この歳になるとそもそもババ抜きしないですがねっ

この2人は何と戦っているのか

ここら辺はすごく頭脳戦です。
そもそもこの話の目的はババ抜きの勝利ではないのです。
ババ抜きだから勝たなければいけないという思考の誘導、その先にあるものこそが真の目的。
つまりこれは誘われたいかぐや様による一話の続きなんですよね。
一緒に行こう、これが言えれば済む話なのですが
空気を読む気がないとよく言われる僕にはよくわからないですね。

自分への言い訳は大切

でも、自分で仕掛けたことに1人で言い訳しているかぐや様には共感が持てます
自分への欺瞞って結構大事だと思います。僕なんて毎時間やってますからね、ほんと。

俺達の戦いはこれから…

予定通り負けたかぐや様ですが、
なんと、かぐや様が仕込んだチケットが行方不明
どうやらとっとりとりの助は不採用だったようですね。

うまく反撃できた会長ですが、
会長も行きたいんですよねこれ?
そう、この思惑はそもそも争う必要がないやつなんですよね。

そして会長が妥協して今回のオチ
週末に使う予定ならバッティングしても仕方ないね…と
2人とも空気が読める人間のようで一段落です。

今回の難しい単語

『紳士的なお願い』
コスプレの強要以外の何かです。

とっとり鳥の助
彼は選ばれなかったらしいです。

以上です。
すいません、今回は特にネタになるような単語がありませんでした。
また次回よろしくお願いします。

※画像はヤングジャンプコミックス
赤坂アカ著かぐや様は告らせたい第一巻
27ページ1コマ目
29ページ2コマ目
40ページ1コマ目を引用しています。

弊ブログの1巻の感想まとめページはこちら

1巻を購入したい人はココ
全巻をまとめて購入したい人はこっち

コメント

タイトルとURLをコピーしました