かぐや様は告らせたい マンガ感想

かぐや様は告らせたい第三十六話感想「四宮かぐやについて①」〜四宮家家訓と早坂愛の瞳〜

kaguya_36ー3 かぐや様は告らせたい マンガ感想
スポンサーリンク

こんにちは、みなとがわです。

前回はみんな楽しいトランプの時間でしたね。
今回はその続き、四宮家訪問です。
それでは前回の内容から引き続き今回のお話です。

今回の登場人物

会長
メイドさん初体験
我慢の男

かぐや様
今回はアホの子
眠り姫周回リスナー

早坂さん
メイドというより姉
ダチョウ倶楽部の技を継ぎし女

早坂愛、変装する…変装?

かぐや様はダウンしているということで替わりに会長を出迎えたのは返送した…
…あの、早坂さん?

こんなんばれるやろ、と思っていたら意外とバレなかったので良しとします。
マンガ的表現で実際はもっと擬態できているってことなんですかね?
会長なら同級生くらい把握してそうですし。

あとスミシーAってあれですよね。
昔のアメリカの映画で監督が名前入れたくね〜な〜って時に適当に入れとくやつですよね?
このネタ通じる人どれくらいいるんだろうか…?

それはそうとして、その押すなよ、絶対押すなよ‼
的なやつは妹のような主人に仕向けていいやつなんですか⁉
いや、会長はそんな根性がないモンスター童貞と見込んでのことかもしれませんが・・・。

アホな四宮かぐやは花火がしたい

早坂さんのHOW TOかぐやな知識によると
風を引いたかぐや様はアホとのことですが、少し気になったのは欲望の状態とも言っていること。

それで考えるとアホ状態のかぐや様の欲求は
・お話をずっと聞かせてもらいたい。
・花火をしたい。
・会長に謝りたい。
・会長(誰か?)と一緒に寝たい。

…誰かこの娘甘やかしてあげてっ‼

割と嫌な家庭環境とか想像して胸が痛いです。
これ、藤原書紀だけ友達の正確悪いかぐや様の前にもう1段階なにかいませんかね?
そして母性といえば藤原書紀じゃないですか、もっとかぐや様と遊んであげてください。

四宮家家訓

前述のアホかぐや様の言動に加えてこの一コマです。

四宮家式帝王学の偏りすごいなっ‼

古いとかそんなレベルじゃないですからね?
宇田天皇の寛平御遺戒を見倣ってほしいものですな!

字面が既に物騒ですし、早坂さんの表情もアレですし
内容が一発でいいものではないとわかるラインナップですね。
次回以降かぐや様と早坂さんに肩入れして感想書いちゃいそうですね。

いや、みんな元々好きですれども。

今回の気になった言葉

欲望(イド)と理性(エゴ)
まず人には無意識な原始的欲求のイドがあります。
お腹が減ったとか眠いとかそういうやつですね。

しかしそればかりだと人間社会は棘肩パットのモヒカン溢れる世紀末です。
それを防ぐために無意識的な理性のエゴがあるわけです。

このネタには続きがあって、さらに人類の美点として
良くあろうという意識的な理性、スーパーエゴ(超自我)良心がある。
という話に繋がるわけです。

※画像はヤングジャンプコミックス
赤坂アカ著:かぐや様は告らせたい第4巻
108ページ1コマ目
111ページ2コマ目
113ページ3コマ目
116ページ2・3コマ目より引用しています

弊ブログの4巻の感想まとめページはこちら

4巻を購したい人はココ
全巻をまとめて購入したい人はこっち

コメント

タイトルとURLをコピーしました