かぐや様は告らせたい マンガ感想

かぐや様は告らせたい第62話「白銀御行は描きたい」感想 〜白銀御行、美へ目覚める〜

アイキャッチ かぐや様は告らせたい マンガ感想
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、みなとがわです。

前回も着々と選挙への準備が進んでいきました。
これからもしばらく選挙の話が続くので
今後の展開や合間に何をやらかすのか期待しながら本編です。

今回の登場人物

御行くん
絵の腕は普通
美を描くことに強い歓を感じている。
やりこみタイプ

 

かぐや様
写実主義
なお客観視はできないもよう
瞳と鼻筋は譲れない

千花ちゃん
小学生レベル
今回は特訓なし
と言うより今回は御行くんのほうが上手い

柏木さん
最近は惚気をくらう被害者枠。
大人な彼女とピュアな2人は相性が悪いようです。

早坂さん
千花ちゃんと組んだ時点で嫌な予感がしていた
でも美人と言われて嬉しい、絵の腕は不明

四宮かぐやの掌、裏返る

はい、今回のかぐや様は最近では一巻に一度くらいの頻度になてしまった掌返しです。
しかし今回は特殊な掌で本人も普段以上に無意識です。

かぐや様はどうやら見たまま書けばいいじゃん派のようですが
…えっとバラ出てきたって何?
書いたのあなたですよね?かっこよく描きすぎたはともかく、気がついたら描いてたは怖くない?

そして今回のかぐや様の滑稽ポイントは描き直そうとすること
もはや恣意的に格好悪くしようとしている時点で当初の見たままの精神が崩れてますし
これ謎のバラさえなんとかすれば良いと思うんですよね。
御行くんがこれかっこよくね?っていっても、否定すればすみますし。

もはや言ってもいないことに抗議するかぐや様は完全に迷路です。

あと、これは完全に僕の推測なんですが
恐らくこのかっこいい御行くんはかぐや様目線だと思うんですよね。
だからこそ後のでデチューン版深雪くんも格好いいと言っているため
それも含めて今回のかぐや様は詰んでいたんだと思います。

美の追求者、白銀御行

最近は優勢の御行くんですが、今回も相変わらず優勢です。
しかし上手く描きすぎたというかぐや様に対して逆に可愛く描けないとお悩みです。
自分はかぐや様を正確に描き出せないと急速に自らの画力を進歩させます。
隣にいる柏木さんをのろけに巻き込みながら芸術に邁進します。

相変わらずピュアに弱い柏木さんはストイック&ピュアの会長とは相性が悪いようで
ピュア発言に過剰な芸術思考で柏木さんを責め立てます。

要するに今回の流れをまとめると
そもそも2人ともお互いの印象が上方修正されていて
お互いの技術と正確の影響で御行くんは向上を目指しかぐや様は下方修正を目指したわけですね。

結果、かぐや様は近年おなじみのロマン補正の御行くんにノックアウト、
御行くんはかぐや様が頑張って格好悪くした絵にノックアウトといつもの同士討ちエンドです。

今回の気になった言葉

オアシス
僕は砂漠にぽつんと泉が湧いている土地があるイメージでしたが
実際には緑地があればオアシスと呼ばれるようで
泉もそうですが河川や雪解け水、井戸などがあればオアシスと呼ばれるそうです。

さらにぽつんとあることはないようで
考えれば当然なのですが緑地があるがゆえに農業を始めとした経済活動の中心地になり
基本的に周辺地域に比べて人口密度が5〜10倍の賑やかな地域であるのも珍しくないようです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました