かぐや様は告らせたい マンガ感想

かぐや様は告らせたい第68話「井伊野ミコを笑わせたい」感想〜井伊野ミコの生徒会選挙〜

アイキャッチ かぐや様は告らせたい マンガ感想
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、みなとがわです。

前回は旧生徒会メンバー女性陣の活躍と男性陣の意地が見えた前半でした。
後半の展開にも期待しながら本編です。

今回の登場人物

白銀御行
敵の全力を引き出し、受け止めた上で勝つ全日本プロレスの魂を継ぐ男
坊主フェチには同意できない。

四宮かぐや
胃をやった。
こっちの心配も考えてほしい(目はハート)

藤原千花
今回は珍しく説教側
恐らくかぐや様のダウンで怒り3倍増し

石上優
本日はほぼ出番なし
でも最後にはにっこり

井伊野ミコ
ルールを通して信頼を取り戻したい
坊主頭が大好き

大仏こばち
優秀な解説役
井伊野ミコが大好き

井伊野ミコの「勝てない」理由

前回の続きからスタートし劇的な大団円を迎えた今回ですが、
今回はこのゴールにたどり着くまでの過程と要因の推測ができればと思います。

まずはミコちゃんが正義の人となり、石上くんのいう目の上のタンコブになってしまった理由。
それについては作中で言われている正義のために奔走する両親の影響。
また、その正義感が遊びたい盛りの少年少女の反感を買ってしまった

とのことですが選挙戦だけで言えば、やはり上がり症が原因で伝えたいことが伝えられなかったのも一因でしょう。
今回も恐らく御行くんの乱入がなければあのプレゼンテーションや演説もできていなかったことを考えると。
これまでも恐らく準備をしていたけども上手く伝えることができていなかったのでしょう。
石上くんの言うところの「適切な出力」ですね。

kaguya_67-1
これもまた、出力(適切かは知らん)
(ヤングジャンプコミックス
赤坂アカ著「かぐや様は告らせたい7巻」
159ページ2コマ目
第68話「伊井野ミコを笑わせない」より引用)

井伊野ミコの「勝てた要素」

前述の「適切な出力」。
これができたことで今回ミコちゃんは白銀御行が持ち得ない強みも獲得しています。
それが「半白銀派の獲得」です。

前回9割の票を獲得しているとのことですが
これはあくまでも井伊野ミコを知らないことが前提だと思うんですよ。
彼女は今まで「適切な出力」ができないが故に認知度が低いと思うんですよ。

彼女融通の効かない性格は特に同学年にはうざったく映っていたでしょう。
そして噂と上がり症の彼女しか見ていない他学年には彼女はただのイタい子だったはずです。
そうなると秀知院生の中には消去法で白銀御行を支持していた層もあったはずです。
「わけのわからない奴よりは混院の白銀の方がまだマシ」という風にです。

そんな危うい層がいたからこそ、千花ちゃんは本来御行くんが望むとは思えない反対派の声の意図的な封殺を行ったのではないでしょうか?

そう考えると今回の井伊野ミコの演説はどうでしょう。
内容に粗こそあるものの方向性としてはルールとモラルにる権威の復権。
しかも本人は白銀御行と同じ常時学力テスト首位の勉強特化の純院生です。
純院とか混院といったことを気にする保守的な思想にも受け入れられる内容です。

つまり井伊野ミコが積み上げたものを出力した結果、意図せず「アンチ白銀」へと仕上がったのです。
いや、仕上げたのは紛れもない御行くん本人なんですが、

といった感じで井伊野ミコは結果的に不安定な層の獲得できた結果の接戦だったのではないでしょうか?
まあ今回の内容はあくまでも僕の状況からの妄想なので
大事なのは結果としてミコちゃんが笑われず笑えていることが今回の正解なのでしょう

いや、でもサハ部は予想外ですねぇ‼

kaguya_67-2
本当にサハ部って何…あ、ミコちゃんおめでとうございます。
(ヤングジャンプコミックス
赤坂アカ著「かぐや様は告らせたい7巻」
162ページ3.4コマ目
第68話「伊井野ミコを笑わせない」より引用)

コメント

タイトルとURLをコピーしました