かぐや様は告らせたい マンガ感想

かぐや様は告らせたい第70話「かぐや様は脱がせたい」感想 〜白銀御行・四宮かぐやのすれ違い、パンツ編〜

アイキャッチ かぐや様は告らせたい マンガ感想
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、みなとがわです。

前回までの熾烈な?生徒会選挙が終了しました。
新生徒会も発足したこれからにも期待して本編です。

今回の登場人物

会長
黒のドエロいやつが好き。
かぐや様のパンツにワクワクする男

かぐや様
純粋な気持ちでパンツが見たい。
保健体育を勉強したとは何だったのか。

藤原書紀
ボクサーパンツ派
説明をsiriに一任することを覚えた

石上会計
ブリーフ派かつアンチボクサー派
そういうことは家でやるべき

井伊野監査
黒のパンツは履いていない
圧倒的安定感のオチ担当

井伊野ミコ、その役割

はい、前回まででシリアス回は終了です。
この作品でシリアスが終了したら何がくるか?
答えはそう、シリアスを台無しにするギャグ回です‼

いや、シリアスも好きなんですけどやっぱり馬鹿やってるのもいいですよね!
安心感があります。

しかしそうなると不安がありますね。
そう、新たに加入した会計監査にして風紀委員長。正義の番人井伊野ミコです。
バカ真面目な彼女がどうやってIQの下がる生徒会室に順応できるのか、

…はい、その結果がこちらです。

 kaguya_70-1
出オチ芸台頭の瞬間
(ヤングジャンプコミックス
赤坂アカ著「かぐや様は告らせたい7巻」
204ページ2コマ目
第70話「かぐや様は脱がせたい」より引用)

彼女の真面目かつ潔白の彼女のイメージを損なうことのない良いポジションです。
それで誰か救われたかというとみんなダメージを受けていますが。
というわけで無事彼女の生徒会での彼女の方向性が決まっただけでも素晴らしい回ですね。
…内容はそこそこ下品ですが。

四宮かぐや探検隊、白銀御行のパンツを探れ‼

では、井伊野監査の新たな役割が決まったところで今回のかぐや様の所業です。
この漫画で初、そして唯一であろうパンツシーン‼

kaguya_70-2
一度全部脱いでから履くタイプ
(ヤングジャンプコミックス
赤坂アカ著「かぐや様は告らせたい7巻」
188ページ1コマ目
第70話「かぐや様は脱がせたい」より引用)

はい、この漫画はこういう作品なので以後そういった要素は期待しないようにしましょう。

というわけで今回の主題はパンツ。
ボクサーパンツ=ヤリチン=会長のパンツがわかればヤリチンかわかる‼
なお、情報源は石上会計の暴言のもよう。
かぐや様は自分の知識外のことは割と鵜呑みにしてしまうきらいがありますね。

嫌らしい意味でなく会長のパンツを見たいかぐや様
いっそのことストレートに聞いてみます。
文章だけだと意味がわからないと思うので原作と一緒にお読みください。

当然会長にもそんな意図は伝わるはずもなく急なパンツトークにこの顔です。

kaguya_70-3
最初にして最後の表情
(ヤングジャンプコミックス
赤坂アカ著「かぐや様は告らせたい7巻」
199ページ1コマ目
第70話「かぐや様は脱がせたい」より引用)

僕はパンツリクエストという文化は知らないのですが
会長の勘違い、というかあの流れで正確に把握しろというのが無理だと思います。
それによって会長の思考はかぐや様にどんなパンツを履かせるかという思考に

そんな二人のすれ違いが悲しいすれ違いを生んでミコちゃんオチです。
いや、一番悲しいのは期待に満ちた幻想を叩き潰された井伊野監査ですが…。
まあ新しい方向性が見えてきたと思って新生徒会メンバーの今後に期待です。

今回の気になった言葉

プリーフパンツ
男性用下着で今回石上会計が来ていたアレです。
使用者の言の通り
身体にフィットする形で安定感があり、
穿きやすく動きやすい、汗を吸いやすくて蒸れにくい
その上で裾が短いためどんなズボンにも合わせられます。

上記のように機能性は抜群なのですが
藤原書紀のリアクションの通り見た目の問題で
思春期の男子に敬遠されて中学生前後でほかパンツへ切り替えられることが多いようです。

僕自身も確か小学生の頃はブリーフを履いていたと思うんですが、
今はボクサーです。トランクスは履いている感じがしなくて断念した覚えがあります。
ブリーフから切り替えた理由は覚えていないんですが
やはり多分見た目の問題とか周りの男子に合わせたんでしょうか?

以上、僕のパンツの思い出でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました