かぐや様は告らせたい マンガ感想

かぐや様は告らせたい第177話「早坂愛と四宮かぐやの友達」〜早坂愛のやりたいこと〜

アイキャッチ かぐや様は告らせたい マンガ感想
スポンサーリンク

こんにちは、みなとがわです。
前回で問題の一応の解決が付きましたね。
かぐや様がが早坂さんを手放さないと的はずれな予想をした原始人がいるようですが
そんな些末なこと無視して今回の話です。

今回の登場人物

会長
祖母がポテチの転売に失敗した。
女子をとっかえひっかえビュッフェ感覚の男
きっと早坂さんを守って兄宮さんの手先をばっさばっさしてた。

かぐや様
会長と早坂さんの逃避行にちょっとだけ嫉妬してた。
修学旅行の土産にブラックカードを出す女。

藤原書紀
奇跡の言い訳ストーリーテラー
有能ムーブは先週で店じまい
呼吸のごとく無意識にデートを邪魔する女。

早坂さん
シリアスパートを維持したまま脱出に成功
今後も出てきてほしい、周囲の扱いの変化も気になる。
なお、身内が小豆の先物取引詐欺に遭い養殖中のアザラシが集団脱走した。

豊崎くんと風祭くん
ザ・高校生
実はおまけ部分で彼らを見てから割と好きで
異周りと本気で僕は彼らのためにスピンオフ作品の購入を検討している。

紀さんと巨瀬さん
スピンオフの人としか思ってなかった
風祭くんたちと何が合ったのか僕はすごく気になっている。
ヤングジャンプ定期購読し始めてスピンオフの楽しさにも気づき始めたし
そのうちしれっと購入している可能性が高い

早坂さんのギャル友
普通に良い人たち、まだ名前ないよね?
翼くんといい、人の良い脇役は名前非公開のルールでもあるのか
会長に対してピュアに勘違い進行中

四宮かぐやが早坂愛にあげたもの

では兄宮さんがクールに去ってからのスタートのようですが、
前回を最後に早坂さんは四宮家を卒業してやりたいことをやるとのこと。
今までのブラック環境で生きていた彼女はどんなところでも生きていけると思います。

かぐや様はそんな彼女に対して曰く
早坂さんは家族やかぐや様のために自分を殺していた、
そしてかぐや様は彼女の苦しみに気づけなかったことを悔やみます。

まあ、かぐや様の後悔は仕方ないですが
早坂さんはかぐや様の従者だったからこそ救われていますから。
ブラック環境の中でかぐや様とのおしゃべりが救いになっていますし、
アホになれたかぐや様だからこそ早坂さんを諦めずいられたのですから
終わりよければ全て良いとまでは言えませんが最後に救いがあったのは確かです。

kaguya_177ー1
あの時の”2人”
(ヤングジャンプ2020年13号
5ページ1コマ目 赤坂アカ著
「かぐや様は告らせたいより」引用)

ここまで言ってアレだけど一言だけ言うことがあるならば、
カラオケ回の時には具体的なSOSもでてましたからね、誰かのラップとかに

帰ってきたギャグの女、藤原千花

そしてみんなが、少なくとも僕が待っていたオチの女です。
彼女が来たらどうなるか?そう、ギャグが始まります。

というわけで残りの修学旅行は藤原千花の送る残りの愉快な就学旅行編です。
勿論藤原書紀以外も愉快ですがそれも含めてのダイジェストです。

まずはシリアス編で言っていたうまく誤魔化した
→先物失敗、アザラシ脱走・ポテチ転売ミス
むしろどう説明したというのか、逆に説明がほしい
何ならそれで1話作ってくれても構わないくらいの所存です。

更に当然のようにデートに乱入、彼女に運命づけられたノルマも無事達成です。
そして風祭くんと豊崎くん、スピンオフで何かあったらしい新聞部へアタック開始‼
と思いきや手堅いターゲットにシフトチェンジ。
この男子側のゲスさいいですね。

もともと単行本のおまけページで出てきた時点で
ああいう無駄に設定もられた人たち好きだったのですが修学旅行編で更に好きになりました。
ヤングジャンプを定期購読し始めて気になっていたでスピンオフですが
僕は近日彼らのために購入しているかもしれません。
しれっと感想とか書き始めたら察してください。
まずは本編が一段落突いてかでしょうが(多分)。
風祭くん、顔の割に身体がいかついですなっ

そして男子会をよそに盛り上がる女子メ…翼くん⁉
いや、百歩譲ってしれっと同席は置いとくとして、
せめて眞妃ちゃんも一緒にいてあげてよ‼

修学旅行、完

そして修学旅行を終えての登校前のかぐや様に1人の影が…

今話スタート時点ぶりの愛ちゃんです。
やりたいこと、そうです。
四宮かぐや侍従の早坂愛はかぐや様登校後にご飯を食べて別に登校しているのです。
そしてこれは彼女だけの夢ではありません。

「友達になってほしい」
それは四宮かぐや幼少の頃からの夢なのです。
これで早坂さん引退から始まった修学旅行は四宮かぐやとの友情で幕を閉じたのでした。

kaguya_175ー3
早坂愛の望み
(ヤングジャンプ2020年22&23号
61ページ4コマ目 赤坂アカ著
「かぐや様は告らせたいより」引用)

後は自習は石上会計の手番のようなんですが、
向こうも重そうなんですよねぇ…。
いや、だってつばめ先輩がゲットしたノートが既に爆弾ですよ?
あれ、僕らの藤原書紀ですら真顔になる威力ですからね。

うーん、藤原書紀来週ももうちょっと笑かしてくれないかなぁ…。

kaguya_177ー1
笑えない真実
(ヤングジャンプ2020年12号
63ページ1コマ目 赤坂アカ著
「かぐや様は告らせたいより」引用)

今回の気になった言葉

先物取引
雑に説明すると今日予約して約束した日に買うという売買です。
今日50円で100個予約し来週買うとすると必ず5000円で当日に買うので
来週55円になっていると500円お得で45円になっていると500円損します。

そんな方式で売り買いできので投資家さんはそれで利益を出しています。
ただし先物は他の投資に比べても変動が大きく予測も難しめだと一般に言われています。
そして他の投資でも共通しますが、投資は余ったお金を小分けにしてやるものです。
日本では投資はギャンブルといわれますが、
一つのだけに絞って短い期間で得しようとするとギャンブル性が高くなってしまうので
気になる人はちゃんと調べた上で無理のない範囲で長い目での挑戦をおすすめします。

転売
最近よく問題になっているものですね。
安く仕入れて高く売るを個人取引で行うものです。

ミクロ的な視点だと需要供給の問題になりますが、
加熱しすぎることが多く生産元が正しい受給調整をできなくなったり
そもそも販売には基本的に古物商取引の資格が必要だし
一部チケットや生活必需品は一定以上の値上げを禁止していたり
そもそも販売禁止の規約がある場合もあります。
すべてがだめとまでは言えないですが方や規則を守った範囲での活動が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました