かぐや様は告らせたい マンガ感想

かぐや様は告らせたいYJ第184話「秀知院はバレンタイン 前編」〜みんなのバレンタイン〜

アイキャッチ かぐや様は告らせたい マンガ感想
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、みなとがわです。

前回は新展開を感じる白銀御行の参戦宣言でした。
新しい展望があるのか期待しながら本編です。

今回の登場人物

会長
絶賛井伊野監査と仲良し
手作りチョコに苦い過去

かぐや様
手作りチョコに暗い過去
バレンタインのまだ見ぬライバルに戦々恐々

藤原書紀
えっと、
みんなに配るんだよね、優しいねっ‼

井伊野監査
悩める裏ヒロイン
倫理と恋の顛末に期待

愛ちゃん
かぐや様とのやり取りにほっこり
しかし口調が変わっただけの変わらぬやり取り安心感

つばめ先輩、眞妃ちゃん、柏木さん、大仏さん、小野寺さん
チョコレートに思いを巡らせる女子たち、彼女らの行き着く先は…
え、藤原書紀?えと、うん一旦置いておきましょうか。

火ノ口さん、駿河さん
愛ちゃんのお友達
すごく友達思いの人たちだけど会長への誤解が止まらない。

早坂愛とキューバリファカチンモ

久々の新生早坂さんこと愛ちゃんからスタート。
かぐや様との会話とか気になるところはあるんですが、
すいません、まず言わせてください。

キューバリファカチンモ出てくるのかよっ!
しかも、この作品にしては急なファンタジーだしっ
オカルト部がガチもんのオカルト起こしてるだなんて想像できませんよっ。
そして四宮家サイドはそんな曰くの物品を学校に放置しないでっ。

そして、これは余談なんですが
僕実は自作を企んでいたんですよね、キューバリファカチンモ。
寸法の推測とか素材の検討とかしてる間にこれですよっ。
多分制作して動画にすると思うんですが、
さすがに原料チョコにはしません。もったいないので。

しかし、愛ちゃんも御存知でしたか…。
あまりの衝撃に口調が元に戻り懐かしの早坂さん化です。
こうなると逆に平気な顔していた藤原書記がヤバい気がしますが…。

まあ何はともあれ、意外にも愛ちゃんは四宮家出禁なわけでもなく、
かぐや様と良い友人関係(若干いじり強め)を築けていてよかったです。

最後に余談ですが、会長に贈られるチョコは異物混入がデフォのようですが、
それで考えるとキューバリファカチンモという特大の爆弾を仕込んでいたかぐや様は
間違いなく会長にふさわしい女だったのだと思います。

いや、さすがにあんなの贈られてきたら嫌ですが…。

みんなのバレンタインと伊井野ミコ

打って変わって先輩くん後輩ちゃんサイド
どうやら会長はいじられキャラ方面に進むようです。

かぐや様と石上会計は厳しい姉と努力する弟のような図。
会長と伊井野監査はおませな妹と優しい兄の図…。
あれ、白銀家やん…

まあそれは置いておいて、
前回石ミコ派に入信した会長ですが、
単純に見守るだけではなくしっかり背中を押してくれるようす。

自分は動かないほうがいい、その方がみんながうまくいく
そんな悲しい判断にそれとなく理由を与えてくれます。
その時の彼女の顔がまた嬉しそうなこと。

流れを見るに彼は伊井野監査の背中を押して「向き合う」ことを促すようです。
いや、僕の当たらない憶測も混ざっているので見当違いならすいません。
この流れで外したらさすがにヤバいとは思いますがねっ。

そして、各々の思惑が始まるヴァレンタインが始まります。
藤原書記の真顔でお徳用お菓子を買い漁っていたり、
眞妃ちゃんのチョコがガチとか一コマごとに気になりますが

やはり気になるのが伊井野監査、
ほかの人に比べ一段下のマスで悩むことに何か意図があるのか、
そして何より義理と言い訳しながらも真摯に悩むその指先のゆく先はどうなのか?

kaguya_184ー1
ダメと言いつつ…。
(ヤングジャンプ2020年31号
68ページ3・4・5コマ目 赤坂アカ著
「かぐや様は告らせたいより」引用)

気になることは尽きませんが、みんなの行き着く先に注目です。

今回の気になった言葉

バレンタイン
日本ではほぼチョコレートを渡す日、なお後日3倍レート。
昔「兵士に家族いたら命を大切にしたくなんじゃん」
と考えた王様が兵士の結婚を禁止にしたことて
それに反対して処刑された偉い人にちなんだ日
…と言われてたけど今は微妙っぽい。

さすがにそんなアホな法律作らんやろ、ということ。
キリスト教が広がったときに地元の祭りを取り込むためにこじつけた説が有力。

コメント

タイトルとURLをコピーしました